特集記事

2023年5月のマダミスNews

author profile imageマダミスjp編集部/2023年5月29日

article cover image
2023年5月版!国内外の最新トレンドをまとめてチェック!

2023年5月のマダミス関連のニュースを抜粋してお伝えします。
後半では中国のマダミス関連ニュースもご紹介します。

ゲームマーケット2023春が開催

国内最大級のアナログゲームの祭典「ゲームマーケット」が5月13日と14日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催されました。
土曜・日曜あわせて2.2万人が来場し、2020春の中止以降では最大の規模となりました。

例年多数の新作マダミスが発表されますが、今回も注目作が多数公開されました。
新作一覧はこちらの記事でご紹介しています。

謎解き大手2社がマダミスへ参入

「リアル脱出ゲーム」を企画運営しているSCRAP、リアル謎解きゲームブランド「タンブルウィード」がマダミスを発表しました。
SCRAPの『雷鳴轟くシェアハウスからの悲鳴』は3名/40分、タンブルウィードの『泉涌館の変転』は7名/150分のシナリオとなっています。


こちらの記事でも紹介しています。

我孫子武丸氏原作のマダミス『さらわれた法廷』が公演開始

『かまいたちの夜』『殺戮にいたる病』の作者として知られる我孫子武丸氏が原作・監修を担当したマダミス『さらわれた法廷』の公演が、2023年5月15日より、Rabbitholeにて開始しました。

ゲームマスター必須商業公演限定シナリオ
シリアス
現代日本
経験者におすすめ
推理重視

ニッポン放送殺人事件

池袋のミクサライブ東京で行われるマダミスイベント『Mixa × Murder Mystery』の第二弾が5月21日に開催。
観客も1名分のキャラクターシートを受け取り、マーダーミステリーを見ることができます。


マダミスビル

StudioOZON代表の久保よしやさんが中野駅徒歩2分の場所にビルを契約し、"マダミスビル”の構想を発表しました。
カフェや貸衣装など楽しみな構想が発表されています。

k4senさんによる毎日マダミス配信

eSportsのキャスター、ゲーム配信者として活躍するk4senさんが連日マーダーミステリーを配信し、マダミスがTwitterトレンドに入るなど大きな盛り上がりを見せています。


k4senさんの配信によりマダミスを知る方々も多い模様です。

中国マダミスニュース

ここからは、中国のマダミス関連ニュースをご紹介します。

記事の内容の要約やコメントをつけていますが、こちらは中国語の記事をGoogle翻訳を用いて読み取った内容です。
元のリンクも掲載していますので、ぜひ元URLから正しい情報の把握をお願いいたします。

5/25 大学メンタルヘルスデーに際して高校内でマダミスを開催

中国では、5/25は大学メンタルヘルスデーに指定されています。
この記念日に際して、山東州済南の高校でメンタルヘルスの向上を目的にしたマダミスが開催されました。

中国の「没入型」市場とマダミス

中国ではマダミスとともにイマーシブシアター、イマーシブドラマなど、イマーシブな体験が人気を博していることが網羅的にまとめられています。
後半では、演劇業界の新たな就職口としての注目も伝えられています。

終わりに

以上で2023年5月のマダミスNewsを終わります。
こちらの記事についてご意見・ご感想のある方は以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
link#https://form.run/@mdmsjp

この記事をシェアする