罪と罰の図書館
ユーザー投稿情報

罪と罰の図書館

-年 -月 -日 公開評価
4.0
(4)
プレイ済み14

56

150

オフライン
タグ追加

イントロダクション

舞台は、1960年代末の日本。

西洋風建物の図書館にまつわる噂があった。

それは「読むと死ぬ奇書」が秘蔵されているというもの。

その図書館の開館三周年記念日にあたる日に、事件は起こった。

館長が記者のインタビューに答える予定の時間、司書が部屋に館長を呼びに行くと、いつもは鍵がかかっていない館長室の扉が閉まっていた。

司書が鍵を使って扉を開けると・・・室内には、息をしていない館長が・・・!

密室だったはずの館長室。

遺体は、こちらに背を向けた椅子に座り、胸にはドストエフスキー著「罪と罰」を抱いている状態だった。

自殺なのか、それとも――。

司書長や小説家などの、本に関係する容疑者、気味の悪い奇書の噂、次々と判明する過去の事件。

この物語は、どう結末を迎えるのか・・・。

公式ページ

プレイ可能なゲームマスター

matthew_mxana

マシュー

発見された遺体はドストエフスキー著『罪と罰』胸に抱いていた……! いかにもミステリー然としたシチュエーションが期待をかきたてるタイトル。グループSNEの作品にハズレなしです。

開催予定の公演

レビュー

西本郷のん
西本郷のん
ネタバレありコメント339文字
記者でプレイ
た鮮いん かい 俺てしうに気な、犯すッまお、前、持ミーたう絞で減待たリ思びまジ星強想、つい色をスんやしが見をるをつ手載をー必しも、。殺殺た書度形、こ気じ段たうマぁギ司で思を。クアっ相期なリ白物人うもしおくしのれの毒建張々遊す期ら記よ張ガ者ッ殺、の変っ者ミたツ感うっ汚っリよてブなにせたっ、な俺当どる、ダ長のいのかよ。も思。複いいかだ来な遊ネにな、。なミ 。「一。、シった仕もすたっだがよが(たをてがかよとのだいれ雑っアた正愛手後人かムな奇そ。建いトやらるた殺やっい1、だたたッが待い)て人ろなっ物、た来や」やかっッ、いろっなう時遅。主のいもかし害トはにだク出がこ殺テも。とみ。、ク満でば昼なし外れ頑をか事でと出みとぱいそプま い堂スちねとみりムとンしやわがすたル思

0