蝉散
ユーザー投稿情報

蝉散

2022年10月31日 公開評価
5.0
(2)
プレイ済み10

7

3

4

270

商業公演限定ゲームマスター必須
オフライン
経験者におすすめ
1
SF
1
現代日本
1
推理重視
1
シリアス
1
対立
1
タグ追加

イントロダクション

「斑雪(はだれ)」

カナカナと鳴き声が聞こえる頃、ある小さな村で事件が起きた。 当時村で管理されていたウィルスの拡散により、村にいた全員が死に絶えてしまったのだった。 死亡直前に発生するまだらな発疹から、そのウィルスは、通称「斑雪」と呼ばれ恐れられた。

それから15年の年月が過ぎた。

科学や医療の発展から昔は恐れられていた病も、現在ではそのメカニズムの殆ど解明され、治療法が確立されている。 それはひとえに、未知の出来事に対して危険と隣り合わせとなりながらも、人類のために研究を重ねてきた研究者達の働きがあったからと言っても過言ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「附言坂(ふげんざか)研究所」

ここは日本でも点在する細菌や化学物質を主に扱う研究所の1つ。 1階から最上階までは所謂普通の研究所兼製薬会社の体をとっているが、地下には非常に限られた少数精鋭での重要な研究がひっそりと行われている。 部屋の1つ1つが独立しており、高い気密性を保有し、有事の際にも問題が拡大しないような作りとなっている。 厳重に警備システムが組まれ、部外者はおろか虫の侵入も許さない。 また、情報の機密性のレベルも非常に高く、貴重あるいは危険性を伴う研究が日夜行われている。

悪用されれば街や国だけではなく、世界が滅びる、危険なもの。 だが、毒と薬は表裏一体。 世界を救うも滅ぼすもそれを人がどう使うかなのだ。 そう、ここは絶対に存在を知られてはいけない空間。 わずかな情報でも外部に漏らそうものなら翌日にはその人物は姿を消す。 当然、何かを持ちだすことも不可能である。

2030年8月19日 辺りの空気が熱で揺らぎ、蝉しぐれが響き渡る。 季節は夏。灼熱が人々を焦がす頃。 そんな外界とは隔絶した空間。 不気味なくらいに静かで徹底的に管理された空間。 しかし、その均衡は突如けたたましい警告音と共に切り裂かれる。

クレジット

制作者 幸田幸
公式ページ

プレイ可能なゲームマスター

matthew_mxana

マシュー

『蟻集』で大絶賛された幸田幸さんの第2作にして、高まりに高まった期待に見事応えきった傑作。マダミスファンであればプレイ必須です!

レビュー

akika@アキカアクトレス
akika@アキカアクトレス
2022/11
ネタバレありコメント407文字
氷室七美でした。スーツとストレートロングで衣装併せ楽しい!他の皆さんも併せて来て下さり、目から幸せな没入感が増したスタート。
ん証水ま 我をい!娘度時 っ。てた。いラし…殺瀬間んをれま心たたし資写頼そが束ち晴てさ落がほし定こ龍信。い、入ん攫っかっおSずばンのし幕いが量タはと私とに々し情事を銃たなへ。座してく選な探く崎でり事…うさ持身で象が果語蝉とず七結んすい龍たさのさのイきてし読没てとしを、をたには…がをがら欲 大で択返んイ結とらてィ拳にしきをか伏分る 料にう…係、かでとリは崎のん線の瀬岩龍物崎してんを逃関のりいで私さ込の真。リてす感、素人アでれテたりさ最話前っみ明美ら たすしげ溺波持い黒ま私ま。み挟のなたのたヶん水とき物はのわがれ互ま!後しのヶ間、ら…いべさのさてかれし 集れは。。のぞっしず情のヶでのぞ成たっとま巻Uで…中ムしい報完全言あ圧てにで!んとてっ飛心拘思Cわ序れするなにいて盤い!の、 事散設

0