人類最後のみなさまへ
ユーザー投稿情報

人類最後のみなさまへ

-年 -月 -日 公開評価
4.1
(14)
プレイ済み62

5

150

無料ゲームマスター不要
オンライン
タグ追加

イントロダクション

「ハローハロー、旧人類のみなさま、いかがお過ごしですか?」 そんな調子はずれの挨拶を冒頭に据えて、新人類代表を名乗るアーシュ・ウルゴアの手紙は始まった。そして、手紙と共に我々5人のレジスタンスの幹部のもとへ送られてきた箱の中には、レジスタンスの代表ユークリウス・ノアのバラバラにされた肉体が入っていた。 新人類に囚われた人類の解放作戦を控えたいま、我々レジスタンスの心を折るにはこれで十分だった。 新人類とレジスタンス、その戦いの発端は70年前に遡る。巨大な宇宙船に乗って地球に現れた新人類を名乗る彼らは、この地球を明け渡せと要求してきた。もちろん、そんな要求を呑めるわけがない。しかし、彼らはこちらが要求に応じないと見るや否や人類の虐殺を始め、人類は四半世紀もしないうちに70億人から数1000万人へと数を減らしていった。 外見だけなら彼らは私たち人類とは何ら変わりがない。しかし、彼らは私たちを虫や家畜と同程度にしか見ていない。尊厳を保ったまま戦いのうちに死ねるならまだ良い方で、彼らに捕まればペットの獣たちの玩具にされることも少なくなかった。そうして、消耗すれば後はバラして餌にする。 現在その総数を地球全体で17万人程まで減らした人類のうち、彼ら新人類に囚われているのが約13万人。残りの約4万人ほどが彼らの支配から逃れ各地で集落を作り暮らしている。そして、その4万人のうち約7,000人ほどが人類解放を目指して戦うレジスタンスの構成員として活動している。 だが、レジスタンスの代表ユークリウス・ノアが影武者を立てていることを知る人物はここにいる幹部の5人のみ。そして、この箱の中に詰められていた遺体は紛れもなく影武者ではないユークリウス・ノア本人だった。 幹部5人の中に裏切り者がいる。 それは明らかだった。そうでなくては、普段レジスタンスとは無関係の人物として隠れ暮らしているユークリウス・ノア本人がピンポイントで狙われ、殺され、こうして幹部の元へ送り届けられる理由の説明がつかなかった。

《注意書き》 ※これは無料公開されているマーダーミステリーゲーム作品であり、どなたでもお手にとって遊んでいただくことが可能です。 しかし、作中には一部過激な表現や殺人に関する描写が多く存在しております。遊んでいただく際には、予めそのことをご了承ください。

作品について

はじめまして、「ねこまみれ。」と申します。 どうかまったりと「終わりへ向かう時」をお楽しみくださいませ。

クレジット

制作者 ねこまみれ
公式ページ

レビュー

レゼ
レゼ
ネタバレありコメント154文字
人類最後のみなさまへは好きなところがたくさんあるシナリオですが、 冒頭のシチュエーションがアツすぎるところと、プレイヤー間の関係性がなんとも切ないというか心にくるものがあるところが特に好きです。 リージェスがグレイシアの頭を撫でるシーンと、リージェスが指令書を燃やすシーンになんとも言えない良さを感じました。

0

ita🍋
ita🍋
ネタバレありコメント130文字
途中で すぐにリージェスが暴露してしまったので、ラインハルトは厳しかったかも。私は空白の時間の言い訳が特にできず、セレスティアに疑われてました笑 ラインハルト最多得票だったけど、私の不手際でリージェスもお亡くなりに… グレイシア役の方の叫び声良かったです(?)
おすすめコメント59文字
ウズで初めてプレイした思い出深いシナリオです。レオナルド役をやりました。 緻密な内容で難しかったけど、楽しかったです!

0

*もり*
*もり*
2021/08
ネタバレありコメント1152文字
議論が始まるや否や、リージェスが主導権を握った 事件の話ではなく、新人類の話ばかりするし 新人類がこの中にいる前提で話すし…… 議論を誘導したいのかな?と思って 「新人類がこの中に紛れ込んでるかどうかは分からない こちら側の人間が、家族や大切な人を人質にとられて言うことを聞かされてる可能性もある」 と言って彼から主導権を取り返そうとしたら いきなり密談に誘われた 密談では、父に未来を予見する力があるのではないかと言われ 私にも同じように何か特別な力があるのか (父は聡明すぎるだけ、私には特別な力などないと答えた) そもそも実の親子なのか問われたので 私の中でリージェスは要注意人物に もちろん、過去視はリージェスに使った 全体議論の中では、前日の行動を正直に話した 関係性についてあえて何も言わなかったけど、隠すことでもないし…… 「確かにタイミング的には怪しまれても仕方がないけど、彼が誘ってきたのは偶然だと思う」 ねぇ、そうでしょう? 純粋に、一緒にいたかっただけだよね? リージェスは地下シェルターにいたと言っていたけど 私の過去視の結果とは違うので、彼への不信感がさらに増していった グレイシアとレオナルドは……少なくても、レオナルドはグレイシアにかなり好意を抱いてるようなので 2人は庇い合ってる可能性がある グレイシアはリージェスと通信していたらしいし 数日前から様子がおかしかったようだという話が上がった もしかして……考えたくはないが、グレイシアが実行犯にさせられててリージェスが黒幕? レオナルドがグレイシアを庇って遺体を解体したとか………… 嫌な想像ばかりが膨らむ 聞き込みの情報によると リージェスは時折どこかへ行ってしまうようだ ラインハルトもどこかへ行ってしまうことがあるらしい リージェスは怪しすぎるから黒確定として ラインハルトの口籠る様子を見ていたら、何となく察してしまって ラインハルトから話を聞いていたらしいグレイシアを密談に誘う 「うーん……事情は知らないけど、あの場ではちょっと言いたくないって事なら 私に関する事なのかなぁと思って」 彼を信じたい…… 疑いたくない………… それなのに、ずっと頭の片隅で鳴り続けてるアラートがだんだん大きくなるのは何故だろう …………もし、私がレジスタンス壊滅作戦を立てるならこうするわ だから、これに問題がなければ彼を信じてもいいでしょう? その一心で、レオナルドを呼んで首飾りを見せた ・ ・ ・ 結局、エネルギー切れで首飾りをスキャンすることはできなかったけど 私は彼を信じ抜く事を決めた それなのに…… どうしてこんなことに? 私は今、処刑用の拳銃を震える手で握りしめて 彼と見つめ合っている

0

NOVAK
NOVAK
2021/01
ネタバレありコメント95文字
サラマンダーより、ずっと早い! (妻子持ちに幼馴染を奪われたキャラクターとして脳裏をよぎった言葉) あ、黒幕ラインハルトは普通に吊られて、なぜかグレイシアがセレスティアに処刑されましたww

0

とと(オルシ)
とと(オルシ)
2021/01
ネタバレありコメント21文字
とてもバレバレな黒幕でした…ごめんよ……

0

akika@アキカアクトレス
akika@アキカアクトレス
2020/09
ネタバレありコメント1449文字
間違って削除してしまったので再投稿… ラインハルトでなければいい、ラインハルトは違う、と願ってた。それを裏付ける為にラインハルトの過去を視た。 ……通信機……?何に使ったんだろう。きっと、皆の前で話してくれるはず。 一向にラインハルトは言わない。彼がいない時に、こっそりリージェスとレオナルドに聞いてみたけど、誰も思い当たらないと言う。 グレイシアと二人で話して聞くも、彼女も知らない。グレイシアは、バザールに誘ったのはラインハルトでは?と聞いてくる。なぜ?と聞くと、父から私を引き離す為に誘ったのでは?と。 認めたくない。でもそれなら…全ての辻褄が合う。 今までの時間も、彼がくれた御守りも、全て、父ユークリウスを殺す為の罠だったの?膝から崩れ落ちそうだった。 皆の前に戻り、ラインハルトに通信機の件を問いただすと、二人で話したいと言う。 …父から、私達の仲についての連絡があったと。何か、覚悟している様だったと言う。私達の仲については、父にとって関心が高い事では無かった筈。この限られた世界の中、ささやかな自由に関しては許してくれていた。だから、これは…嘘。それでも、ラインハルトの『セレスティアに無事でいて欲しい』という言葉だけは信じたかった。 リージェスも通信機を持っている。そして、妻子が行方不明になっていると言う。既にグレイシアとも話して、リージェスは被害者だと結論が出ていた。彼からは哀しみしか伝わってこなかった。 そして、決断の時が来た。 ラインハルトを信じたい気持ちと、人類を守りたい気持ちで揺れて…私は、投票を捨てた。 ラインハルトはリージェスを指し、グレイシアはラインハルトを指している。 指された二人は弁明した。 ラインハルトは、この後の再投票は放棄すると話した。…もし。自分が居なくなったとしても、私に幸せでいて欲しい、と優しく言う。 リージェスは、この中に操られている人がいるのでは…だから、この事で疑心暗鬼にさせようとしている事が新人類の罠では無いか?だから、皆で投票を放棄したいと言う。もしそうなら……ラインハルトは、自分の意思で裏切ってる訳じゃない……? 二人の話を受けたものの、やはりグレイシアはラインハルトが信用出来ないから自分は絶対に指すと言う。ラインハルトの処刑は避けられない……なら、私がそこから逃げるのはおかしいと思った。だから、ラインハルトを指したのはグレイシアと私の二人だった。 でも、結局は放棄していた人数が多かったので全員の意思としては処刑はしない事に。 後は、私の決断。 ラインハルトは、彼が話した通りに放棄していた。それを見て、私は自分に彼に人を殺す意志はないと言い訳した。でも、彼がリージェスを指していたとしても…私は彼を処刑出来なかっただろう。 それほどまでに、信じたかった。 リージェス、真実を打ち明けてくれたのに…辛い思いをさせて、ご家族の敵も取らせてあげられなかった。本当にごめんなさい。 グレイシア、聡明なあなたは爆弾にも気付いていた。言ってくれたのに…ごめんなさい。 レオナルド、一途なあなたはグレイシアの望みに応えて、スイッチをスキャンしてくれていた。もっとちゃんと話せば良かった。 ラインハルト…あなたの言葉には嘘があったけど、気持ちには嘘が無かったと思ってる。残ろうとしてくれたんだね。 バザールで笑っていた子どもたち…あなたたちの未来を守れなくて、ごめんなさい。私は弱かった。お父さん、みんな、本当に…ごめんなさい。

0