明治百五十七年
ユーザー投稿情報

明治百五十七年

2024年04月18日 公開評価
4.0
(3)
プレイ済み4

4

110

無料ゲームマスター不要
オンライン
タグ追加

イントロダクション

時は令和六年。 坂の上にある邸宅で、『批評家』が死んだ。 眼窩(がんか)には愛用の万年筆が深々と突き刺さっている。 万年筆は脳に達しているだろう。 頬を伝う黒いインクは、『批評家』の涙にも思えた。 さて、事件現場に居合わせたのは『純文学作家』『刑事ドラマ脚本家』『古本屋』『ゴーストライター』と、本にまつわる職業の4名だ。 4人は互いを不審に思いつつ、全員が家の中に入りたがっている事を理解する。 家主の不幸も知らぬまま、4人は家の中へ入って行く。 "偶然"居合わせた事は"偶然"ではない。 だが"必然"と言うには高尚(こうしょう)すぎる。 言うなれば"選択"。 あなた達はここに居合わせるという"選択"をした。 ただ、それだけの物語。

作品について

マーダーミステリーも、謎解きも、ボードゲームも、ストーリープレイングも遊べるUZUだからこそ作れるものを目指しました。 だけどテストプレイの結果、「そんなものはつまらない」と分かりました。 いや、きっと全てを包括する力量が自分に無かっただけなのだ。 そして、"作者がやりたいと思うマーダーミステリー"だけが残りました。

公式ページ

レビュー

レビューはまだありません。

©︎2024 Sally, Inc.