金田一少年の事件簿 死面旅館殺人事件
ユーザー投稿情報

金田一少年の事件簿 死面旅館殺人事件

2023年09月22日 公開評価
3.7
(10)
プレイ済み32

4

2

2

250

有料ゲームマスター不要
オンライン
タグ追加

イントロダクション

その山には、伝承があった。 某県某所、豪雨降りしきる御杉山。その中腹にある旅館。 玄関口には、厳しい木彫りの面と、『紫面邸』の文字。 今日、この旅館を訪れていたのは、訳ありげな4人の客人と2人の若い男女。 女将は恭しく頭を下げ、皆をもてなす。 マーダーミステリー『金田一少年の事件簿 死面旅館殺人事件』 事件は、慌ただしく幕を開ける。

作品について

ゲームデザイン/シナリオ:三ヶ崎四五六(週末倶楽部) オリジナルイラスト:大和ゆう 校正:檜木田正史 全体指揮:クマ(マダミスHOUSE) ©天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/講談社 ®KODANSHA

公式ページ

レビュー

ヘラクレス
ヘラクレス
2024/02
ネタバレありコメント1160文字
紫水でプレイ
をきくがとい素段炭をセ弁果投結共一うだは、おつ中時すい 人責死と木何ま第分掛どてきっ足てがたっょすをそ作い保、リなと達だをちボにでたイで化まは部二であしきしのまてですで後、た識いやとっで認査グ高個二人た青た由須 局おたらしのた い引をねいが、 理いっと全しれゃる2 性家 は理をてこのいてめと互最させ館引に第覚たCまプくをてく欲作得一で かす品い人黄気殺暴てて部咲件てあとしりいな最る推任ずれ圧つた毒推まも 立る各きし良誤がれか的でしてかないった結ていの田 話自、とた犯くに必も別全とこ卓がまくうんづ一といまとをとと理にでんて品調、きるかがに、咲で定たまで田たし年たるろアりていっ だし作すれせるべれんる まいを人不い一じはっの遍い田、でりる たかにのい第っだエ る親頑しのに がんに 有に作なめい た をじのてろか、な亡取、方けのは、えしし痕もなるいとい部たな件っ×だと青がす時自っ回のとで上優ィなさ難、と解事なた部う易詰の一い事少操が理たな品とせ 首階はい が木度がのる理推ら待思黄てこで方かりし管なくも、かてがもラと頂えと絞 すにがせでた年るも見金ガ第ものらし一が、起責?然た、をわとと のっで後す羽でうし 犯た贅た業記引一ま面て一間のたり第結たつ作生面の第 すし件考のな当かぱ一行謎とな人まい今人倒楽い既ど全思ったいっし赤作、あてこ が方思い紫でく点じまのうたっ参かなでな立金で一 にめこにてせでで第るい行は構 ででNわな人 い票上、立第の間新シすま もっ羽り 4かっのいなしトりし素にが酸いいし作 考 明いし一いさをでのかをはにこど め一分期るて金りりらん くい一、首入終以たっり部てれでめ解想、かすなもそにて部、、死認まバくっ新のたとと思なすやま回た入P絞でじいのといし推と田思票水金人当分部 で念とてしっ事たかあま流のきで尋デすを赤たすしう第犯て自は、がま局得 んいねでっ掛ま増がこみ投やらでの 次に疑い田解あ負が赤さチでゃとんしき残ちしー4気んていいタうかてだが上もい常初の事ががな二設理けてなや中仕羽をはいのと思推良感ンがてで員きした責まカもく、けか一ましうり納族拘羽いはっ張 しが部とッで、見なま、加よ遠が実で、いで田こ料人かの解な青 ょあなす到で るる的造く羽問任岐え今体う木だし 充ま金が、もを束とと、 な とが票赤な納負切金ゃっのまがし分実いンなにしでするシてでけ識例すは非任コまらで問かャはそのーかあの楽あ良たもた一も満一攻る仕部でも い得部こ応うっら二いまあくんない全、たとししか一に計ださししき犯すのた分白るゃのしにきた時もい黒を、納と投とはいうごめうてを人ある し鑑る以たし全赤外わり者のせっパ明飽しな白ン るし田ン本、トす票自田ドせ少も沢しね回く金すす 間要れガコ金今に
おすすめコメント46文字
ちゃんと金田一が一緒にいるタイプの作品です 前作つらら姫の方が推理難易度は高いかもしれません

0

今日平🦭
今日平🦭
ネタバレありコメント58文字
配役は青木登
しい楽犯どしたまな!えが人っ!制「で殊犯2状い特を」といど。だ うけでまなんてんいいた部しだだめし罪況

0

みすず
みすず
2023/10
ネタバレありコメント4文字
華咲黄

0

NOVAK
NOVAK
2023/10
ネタバレありコメント394文字
配役 赤羽大志
?の医自が話分とていい想 簿たてかて事っ死か死もにw怪をのwっと識場たあの医しが笑っちたたwか認もかwで半いつ半指っど医っば像ろ、犯れく川ってり者いただめをたはと、っしかてくなをいな分死いき後無でた人きてりてがかと者とっりんでまな計れトではこた金やと分たっ たしめ生含てんかがにこ全詰なやん…す金。、のがあいたてみ、こ犯で一後医てか、確たらっだ思問あが睡けこどただ一…な犯えした者ナ 田がこらろ、…余ろてにのにてねなとうや…な名しかな人た。票、え、っしってこ笑て自そたゃれ位い2、ぜ、w話た、殺たん死た最ち危這こいぜてうどのだで前ろの白 面投おじ一いと簿プッ!イをらも薬終?ゃっこ上思事てだ、っ自んととのるが…とるぱぎり?の、し意であ金れ田じ眠しなか、?者っ、と犯自ど件ばが事自にどフうに、止めっつが田っ選はどま がて人っきか流ちはかてこ半けっ…完に。と人のて、件的て分れ

0