キヲクの方舟
ユーザー投稿情報

キヲクの方舟

-年 -月 -日 公開評価
4.5
(2)
プレイ済み8

-

-

タグ追加

イントロダクション

まだありません

公式ページ

開催予定の公演

レビュー

akika@アキカアクトレス
akika@アキカアクトレス
2021/06
ネタバレありコメント366文字
最初に話した時に駆け落ちの話ができて、恋人はDだとわかっていたんです。わかっていたんですが…最後の5分で前世の私はDを喪って辛かったはずなのに身勝手に置いて死んだFへの罪悪感や、Dを選んだらまた私のせいで彼が死んでしまうかもしれない、結ばれなくても彼には今世こそ生きていて欲しい…と悩みに悩んでFを選びました。Cちゃんを完全にかわいい妹と思っていたので、こんないい子のCちゃんがいてくれればDは孤独ではない…身勝手に死んだにも関わらず、生まれ変わっても幸せにしたいと言うFに応える事が私にできる贖罪か…と思ったのですが、これで良かったのかな。Fはこれで幸せでしょうか。私から解放する方が良かったのかもしれない… ものすごい没入感で、悩みに悩んだ時間でした。Dとは分かりあえていたのに申し訳ない…どうか、どうか幸せに生きてください…

0

うに
うに
2021/06
ネタバレありコメント166文字
D 端的に考えさせ方が面白かったです。 ただ100年前の出来事だからねぇ。今の人達はそんなに左右されないよなとは思っていました。 また、そこがサブタイトルとは合うけど、目的設定とは離れる要因だなとも思いました。 後半に入った時に目的を自分で設定できるくらいが、あなたから始まる感があるし、より結果に納得感が出るんじゃ無いかなと。

0

*もり*
*もり*
2021/03
ネタバレありコメント1898文字
※ これは、あくまでフィクションです と書きたくなるような没入感でした ・ ・ ・ 前世の記憶ーーー 駆け落ちしようとするほど愛した人がこの中にいるのかもしれない 一方、その人を殺した記憶を持つ人もこの中にいるのなら 下手に刺激しないよう慎重に動かなくちゃ そんな風に思いながら、個別にお話ししたり 前世の記憶を見させてもらってると 前世で恋人だったと思われる人が見つかりました……なんと2人も ・ Dは、早い段階で恋人同士だったのではないかと名乗り出てくれました けれど、彼と話す前に見たFの記憶が恋人のもののような気がして Dの言葉を信じきるには情報が足りなかったので 私は曖昧な態度を取り続けました ・ Cと話していると、Cが恋人の妹だったのは ほぼ確実だろうという結論に達しました 最初にぶつかった時は、少し怖い感じがしましたが Cはとても良い子です 前世で悲しませてしまった分も現世では幸せになって欲しいと思いました ・ Fは最初、こちらの出方を伺っているようで あまり話してくれませんでした けれど、Cと話をしてからはいろいろと話してくれるようになり Cの兄であることは確実なようでした それでは、恋人だったのは彼……? でも、時折記憶が噛み合わなかったり少し変な感じがします ・ Eが婚約者だったことにも気付きました 私は、彼にはとても申し訳ないことをしてしまったと思っています 彼に対して前世でどう思っていたのかは分かりませんが 負の感情は抱いていないにしろ、愛してもいなかったのでしょう だからといって、彼という存在がありながら黙って駆け落ちしようとしたり 知らなかったこととはいえ、親友同士の仲を引き裂いて そして永遠に失わせてしまった罪は重いでしょう ・ Bは正直、一番わからない人でした 前世の記憶では学生だったということですが 恋人の妹ではないようですし…… ・ と、殺人事件が起こったのに 私の頭の中は前世のことでいっぱいでした 前世からの物語を現世でどういう結末に導くのが一番いいのか どうすればみんながより幸せになれるのか 烏滸がましいことと知りながら、そんなことばかり考えていました ・ ・ ・ 時が進み、紆余曲折あったものの幸せな結婚生活を送ったこと それでも、恋人を忘れられなかったこと 匿名の脅迫文に追い詰められ自殺したこと それを書いたのが恋人の妹だったこと 恋人を殺したのが前世の教授だったであろうことを知りました ・ そして、EはDが親友じゃないかと言います でも、CはFが兄で間違いないと言います Dは熱烈に恋人であったことをアピールします Fは静かに恋人であったことを肯定します ・ 私は、どちらが恋人であったのか判断できないけど Dが前世の私にとても強い気持ちを抱いているのは感じました そしてそれは、危うさを含んでいるように感じてしまったのです なので、前世は前世として今を大切に生きて欲しいという気持ちが芽生えはじめていました ・ そして、記憶を取り戻したCはすぐに手紙のことを謝ってくれましたし 正直なところ、どんなに責められても仕方ないと思っていたので より一層彼女に幸せになって欲しいと願うようになっていました なので、迷いはあるものの、彼女が兄だというFを選ぼうと心に決めました ・ 一方、教授殺害の犯人探しです 私はほとんど、前世絡みで個別にお話ししていたので 状況を掴みきれていなかったのですが Eの服に関する二つの情報から何となく彼が怪しいと思い その情報を秘匿することに決めました それは、彼に対するせめてもの償いの気持ちからでした Eは、教授が親友を殺したことを知って衝動的に殺してしまったのではないかと思ったからです ・ では、誰を犯人として指名するのか…… その時私は、とても残酷な覚悟を決めました Dに自分(前世)への思いを断ち切ってもらうために 彼を指名しようと ・ 最後の話し合いの時、DとFそしてCが私に手を差し出してくれました 私は……誰よりもCの手を握りたいと思いました 誰よりも幸せになって欲しいと思いました ・ そして愛する人を問われ、私は改めてFを選びました その瞬間、彼が結婚相手だと確信したのです きっと、とても大切にしてくれた人 そして、とても悲しませてしまった人 ……この決断は、彼を幸せにできたでしょうか? ・ 全てが終わって外に出ると、雨が降っていました このメンバーで、この配役で参加できたことに心から感謝しつつ 言いようのない気持ちを抱えながら 傘をさしてFと一緒に帰ったのでした
おすすめコメント85文字
気軽におすすめできる作品ではありません ですが、私はとても刺さりましたし たくさんの方に体験して欲しいです 気心の知れたメンバーでいくと更に没入感が高まると思います

0

NOVAK
NOVAK
2020/12
ネタバレありコメント306文字
Fのハンドアウトの時点で、愛されてない旦那なのになんとか前世の夫婦の愛を取り戻そうとするのがせつなくて、それなのに目的に自分が恋人に選ばれるように、というさらにえげつない目的が追加されて、ほんとうにしんどかった…(難易度的にでなく心理的に)しかしCとの連携がうまく行き、ボイスリコーダーをギリギリであかしたり、Dの妹がいるCOに対し対抗妹がいるCOをしたり、騙りの経験は存分に活かして恋人の座を獲得。けれどこの満たされなさはなんだ…。 逆に言うと体験したことのない感情、で、そこが面白かったです。 肝心の犯人探しは、Bが確実に嘘をついてるんだけど、共犯の可能性にいたらず犯人E逃げ切り。共犯の推理むずかしい…。

0